スイスのバーゼルに生まれ,バーゼル大学の数学者ヨハンベルヌーイの手ほどきを受けて数学を学んだ.

無限小解析への関数概念の導入,楕円積分論,オイラーの積分学,変分法,流体力学,代数学,フェルマを継承した不定方程式論,平方剩余相互法則の発見.位相幾何学のオイラー多面体定理等々,イラーが近代数学史に遺した事蹟は数学のあらゆる領域にわたっている.

18世紀を代表する数学者である.

inserted by FC2 system